Q&A

育毛剤の新成分?ナノ成分とは何?【今や常識の補助単位!!】

育毛剤のホームページや広告を見ていると…

「ナノ粒子」「成分のナノ化に成功!」などの文字を見かけますが、この「ナノ」って何ですか?

30代男性

お答えします!

ナノとは補助単位のひとつで、10億分の1という意味を持っています。

補助単位とは数値が大きすぎたり小さすぎたりした場合に単位の前に付ける物です。

例えば長さの場合はm(メートル)ですが1000mの場合はk(キロ)という補助単位を使って1kmという表記をしますね。

ちなみに、1000kは1M(メガ)メガ盛りのメガですね、1000Mは1G(ギガ)、1000Gは1T(テラ)です。

逆に小さい方の補助単位は0.001はm(ミリ)、0.001m(ミリ)は1μ(マイクロ)、0.001μが1n(ナノ)です。

ここ数年、放射線の単位でよく耳にする「1μシーベルト」とを補助単位を使わないで表現すると「0.000001シーベルト」となってしまい、0が多すぎて判りにくくなってしまいます。

それより小さい単位がn(ナノ)なので、1nm(ナノメートル)は、0.000000001メートルという気が遠くなるような小ささという事です。

育毛剤の成分をそれだけ小さくすることで毛穴の奥の毛根や毛乳頭まで有効成分が到達しやすくなるというのが、近年の育毛剤の主流になってきています。

成分の粒子が小さいことは理解できましたが、どのくらい小さいのかというイメージが涌きませんね?

ナノインパクトプラスに同梱されてくる「髪技新聞」の記事によりますと、頭部の毛穴の大きさを野球場に例えると、ナノ化された育毛剤の粒子は野球のボールより小さい計算になるそうです。

サイト管理人「rich太郎」より
リピート率94.4%※の育毛剤「ランブット」

ランブットは、全11種の育毛剤を試してきた、私、林太郎が一番よかったと感じている育毛剤です。

返金保証があるので、実際に試してみてはいかがでしょうか?

ランブット公式はこちら

※リピート率94.4%は公式サイトにおける2017年11月の集計データより