社会での行政書士の役割と必要性とは?

行政書士とは、他人の依頼により、官公署に提出する許認可などの申請書類の作成や提出手続代理、遺言書などの権利義務、事実証明及び契約書の作成などを行い、報酬を得られる、行政書士法に基づく国家資格者を指します。
行政書士は社会調和を図り、公正、誠実に職務を行い、国民の生活向上と社会の繁栄に貢献することを使命としています。
行政書士が官公署に提出する書類などを迅速かつ正確に作成することで、依頼者の権利・利益などが守られ、また、効率的な処理が行われるという利益があることから、行政書士の必要性は高まっていると言えます。
高度情報化社会において、生活の高度化、複雑化に伴い、作成するのに高い知識が必要な書類も増えてきており、行政手続きの専門家としての行政書士の役割は国民から大いに期待されています。