天然白髪染めはなぜ髪に良い?

天然白髪染めは髪にいいというウワサを聞いたことがありませんか?白髪染めというものは、一般的に髪を傷めるとされています。
髪に色を浸透させるために、アルカリ剤が髪のキューティクルを開かせるからです。
そして、ささいな摩擦によって、髪からはがれ落ちてしまうのです。
つまり、ケミカルな成分の白髪染めを使い続けていると、髪がパサパサしてツヤがなくなり、すぐに切れやすくなります。
しかし、天然白髪染めは、アルカリ剤によってキューティクルを無理に開かせる必要がありません。
さらに、植物由来の天然成分が、髪を1本1本コーティングして守ってくれます。
天然白髪染めは、酸化染料を使っていないことも特徴です。
美しい髪をキープしたいなら、ぜひ天然白髪染めを選んでくださいね。