小児科勤務の看護師は忙しい?今の職場に不満なら看護師転職もあり?

続きですが、もう1つ小児科医療の問題として挙げられるのが、小児科医の賃金体系です。
病院の小児科に対し魅力を感じられない事が小児科医不足を招いています。
それが要因でもあります。
病院に勤務している小児科医の待遇が悪すぎると言うことです。
(汗)特に患者が多くて必要とされる小児科の夜間診療についてですが、医師は夜間も睡眠がとれる事を前提として働いています。
その為、夜間勤務の翌日も平常通りの勤務にしなければいけませんよね。
(汗)しかし、実際は小児科の夜間救急で患者が多すぎることもあって、医師は殆ど眠ることが出来ないと言うことです。
(汗)。
病院で夜間診療を行っている所では、労働基準が守られないのは、もはや当たり前の事になっています。
<小児科の夜間診療について>こうした小児科医の法定外な過重労働と善意により成り立っています。
<小児科の当直料について>夕方6時~翌朝7時頃まで13時間働いても、交通費込みで3万円~5万円です。
※これはベテランでも新人でも関係ありません。
※大体相場となっている金額です。
これを高いととらえるのか安いととらえるのか!?小児科医は、こうした待遇の悪さ、地位の低さ、少子化における将来の見通しの悪さで、希望する医学生の数が減少していると言うことです。
(汗)。
(汗) 低賃金で医師を雇います。
小児科の夜間診療を行っている病院はもうかっているのではないかと思います。
夜間診療を運営していくには、看護師、電話対応の事務員にかかります。
そして人件費、診察による材料費などを計算すると赤字になると言うことです。
(汗)当直に好んで来てくれる医師はいないので、頼み込んで依頼しなければいけませんよね。
小児医療を続けていく為、診療報酬体系を見直す事、小児科医の賃金を見直す事が必要と言えます。
看護師転職時の履歴書の書き方は?経歴全て記載必要?【好印象な書き方】