銀行や信用金庫の住宅ローンはどうなの?

夢のマイホームを建てたいと考えたときに銀行や信用金庫などから申し込み可能なマイホーム購入時の融資が頼れます。
しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか迷ってしまいますよね。
選び方の参考としては、近場の金融機関を選んだり不動産屋にお任せしたり、ネットバンクなども申し込みは出来ます。
しかし、どこで受け付けようとも審査を受ける必要があり申込者全員が通る。
という甘いものではありません。
フラット35を組むにはまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。
例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。
金融機関ごとの新生銀行での住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。
店舗に行かなくて良い。
という点が非常に好評です。
店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクはローン支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の新生銀行での住宅ローンです。
マイホームの資金調達として役立つ新生銀行での住宅ローン申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
申し込みの際には、様々な資料が必要になります。
なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。
という訳で、申請をすれば必ず通る。
といった甘い感じではありません。
通過しなかったケースも多々あります。
基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が最低ラインと言われています。
新生銀行での住宅ローンを組むとなると、高価な買い物になるので少しでも金利を抑えたいという方が殆どだと思います。
そこで今回は、安い価格でサービスも充実している是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。
まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。
他のどこよりも金利が安く人気を集めていて、それでいて契約している方には、イオンでの買い物の際に何%か値引きされるサービスをご利用頂けます。
ボーナスなどを利用した繰上げ返済時も手数料は無料です。
気になる銀行があれば、比較してみましょう。

新生銀行住宅ローンの必要書類!申し込みのコツ!【借り換えの注意点】