避難所には全て非常食が配られるの?

みなさんは、避難所のマップを見たことはありますか? 震災で家を失った人たちが、一時的に避難するのは収容避難所になります。
当面の寝泊りができる程度の施設のことです。
地震や津波から逃げてきた人にとっては、避難所はかろうじて、気が休まるところになります。
家族がばらばらに避難した人も多いので、家族の安否確認が必要です。
どこに、避難所ができているのか、誰がどこにいるのかを知りたいと願っている人たちが多いです。
しかし、その情報を集めることは、とても難しいのです。
震災が発生してから、数日間は、このような状況が続いたのです。
東日本大震災では、避難所の情報を提供するサイトが被災地ではない地域で複数立ち上がっていました。
もちろん、避難所にいる人たちが、直接ネットを見られるわけではないのですが、支援をしようとしている人たちのための情報としては、とても役立ったのです。
避難所がどこにあるのかを知らせるためのマップも、作られているのです。
しかし、災害の状況によっては、避難所として使用できなくなることもとても多いのです。
避難所で不自由な生活を続けなければならない人々にとって、周囲からの支援が、とても貴重になるのです。
生活物資の配給を待つだけの状態から、少しずつ日常生活を取り戻すことができるようになるまでには、とても時間がかかります。
非常食の通販会社一覧