住宅ローンの頭金はいくらくらい?

マイホームの購入を検討しはじめて最初に思う事は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。
普通は、フラット35住宅ローンを銀行などから借り入れする人がほとんどでしょう。
申し込む際は、家計を支えている世帯主の名前で申し込まなければいけません。
支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険の申請も同時にさせられます。
この団信生命保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合借金が0円になる。
という事で、残された家族にもありがたい保険です。
自宅購入の資金は、現金一括が一番といったパターンは世間的には数少ないでしょう。
たいていの方は、銀行などから借金として住宅ローンを申し込むのが普通です。
支払に関して、何に一番気を使うか?尋ねるとやはり、毎月のローン返済の事を言う方が多いです。
数年で終わるものではなく、たいてい数十年単位の支払をし続けなければいけません。
支払いをしている間は、金利状況も気にしつつさらに、人生には突発的なアクシデントもあり得ますからあるとき突然予兆もなく病気に倒れる可能性もあります。
ですから、常に今後のリスクに備えて住宅ローンを考えることをお勧めします。
家を購入する際に必要になるのが住宅ローン住宅ローンの申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
ローン申請の際は、収入や勤務状態などの証明する資料を用意する必要があります。
35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側もあなたの年収や勤続年数をしっかりと審査をします。
という訳で、申請をすれば必ず通る。
という期待はできません。
通過しなかったケースも多々あります。
よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上が最低限のフラット35の審査基準ラインと言われています。
将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、少しでも贈与税と住宅ローン減税について調べておくと安心です。
これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、例を挙げると年間で110万円を超えるお金をもらった場合、およそ1割を税金として納めなければなりません。
この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。
他にも年齢や金額によって細かく決められているので、返済をしっかりしていくためにも下調べが必要です。
税金についてもう少し、調べておくと良いですね。
将来、住宅ローンの申込みを考えている方は是非注意して頂きたいのがボーナス払いを使った返済方法です。
思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。
でも今は、賞与が出ない会社も増えていますし年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。
そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、予想外に全体の40%程度しかいないのです。
どうしても何かあった場合に備えないという方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。
住宅ローンを組む時はまずフラット35の審査が必要です。
フラット35住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、フラット35の審査はとても厳重に行われます。
フラット35の審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
審査に落ちたらフラット35住宅ローンは組めません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
今後、自分の自分の家を建てるされる予定の方は殆どの場合、火災保険の手続きも一緒に行います。
これだけ見積もってもかなりの高額のお金を請求されるのに、なぜまた保険料も求められるのかと思う方もいるでしょう。
かと言って、いつ家事になって家が無くなるかも分りませんしこの保険に加入していないとその分のローンが残るだけでなく、住む家がないのにローンを払い続けなければなりません。
万が一何かあっても対処できるように、申請していればあなただけでなく、ローンを提供した側も助かるのです。
なので是非、申込みをされる事をお勧めします。

住宅ローン頭金ゼロで審査通る?【年収シミュレーション!】